やりがい。

自分でいろいろとやってみたのはいいが、どれが好きなのか、一番やりたいことは何なのか。 全く解らない。 そんな私が何もかも自由に書いていくサイト。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

自分より凄い奴

自分より凄い奴がそんなに受け入れられないか?

その問いに、私は素直にハイと言う。

俺には、大したプライドはない。

しかし、小さなプライドは持っている。

そのプライドをいとも簡単に曲げるわけにはいかないのだ。

確かに、自分より凄い奴がこの世の中には大勢いる事を認識している。

俺は、その底辺にギリギリしがみ付いていることも解っているつもりだ。

では、なぜ。

それは、今まで続けてきたバスケットボールの世界。

その世界では、エゴとも言える自分の存在が必要だ。

自分の居場所を探すには、すべてにおいて上の存在がいてはいけない。

たった一つ。

どんな小さなことでも、自分だけが持った武器が必要なのだ。

同じ武器を見たとき、それの扱いが自分より上手かったとき。

俺のほんの小さなプライドに火が着く。

認めたくない。

受け入れたくない。

そして、負けたくない。

しかし、周りは言う。

認め、受け入れてしまえ。

そうした時、道は開ける。

簡単だ。

ただ真っ直ぐに伸びた道が見えるようになる。

そして、お前はその道をひたすら進むしかない。

もう今更、違う武器に持ち替える事は出来ないんだ。

今、持っている武器で、誰にも負けない扱い方を身に付けろ。

お前がコートで存在意義を示すには、それしかないのだ。

さあ、認めろ。そしてその道がお前が進むべき道だと、しっかり頭に植え付けてしまえ。

それだけが、お前の生き残る道だ。

スポンサーサイト

2007年08月08日 トラックバック(0) コメント(1)

生きるため。

俺は生きるために今の仕事に就いている。

働かなくてもいいのなら、しない。

そんな仕事が、メインのお仕事。

そんな仕事から、少しでも自分の可能性を見出すために。

アフィリエイターとして。

デザイナーとして。

フリーライターとして。

小説家として。

日々頑張っている。

しかし、それは、自由な時間に趣味程度にしていること。

毎日している仕事に比べれば、微々たる努力である。

自分に何が出来るのか。

何で食べていけるのか。

そんなことを考えながらやっていることに過ぎない。

働かないことが許されるなら、俺は、それすらしない。

ただ毎日、自分のしたいことを自由にしているだろう。

しかし、それが許されないから、今の仕事をする。

そして、その仕事にやりがいを感じない。

だから、いろいろな活動をして、新たな仕事を探す。

その中から、必死にやりがいを求める。

それは、自分がやりたいことではなく、自分が仕事として、やりがいがあるものに過ぎない。

そんなちっぽけな選択肢で、俺は迷っている。

貴方は、今の仕事をしても、収入が得られなくなっても、仕事を続けますか。

一生を保障してくれると言われても、仕事を続けますか。

仕事にやりがいを感じますか。

2007年08月07日 トラックバック(0) コメント(0)

進むか、立ち止まるか。

自分がどうしたらいいか解らなくなったとき。

新しい道が見えたとき。

自分に何が出来るか分からなくなったとき。

そして、自分に自信がなきなったとき。

選択肢は、二つしかない。

立ち止まって、どうしようか、などと悩むか。

それとも、ただほんの少しの可能性を信じて、かすかな希望の糸を掴み、進み続けるか。

結局、それしか選択肢はない。

そして、立ち止まれば、それが、後悔を生む。

今の俺はまさにそれだ。

あの時こうしていれば、とか。

もっとこうしておけば、とか。

そんなこと今更思っても仕方ない。

結局、自分を信じて、進み続けることだけが、自分を変えてくれる。

たとえそれが、間違った道であっても、立ち止まっていては、何も始まらない。

だから、何かしよう。

そう思って、いろいろなことに挑戦中。

2007年08月06日 トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。